Loading

お食事

日本海の海の幸、能登の風土が生み出す珍味、
白山からの良水による美酒、
金沢の土地にのみ育まれた加賀野菜の数々。
私どもは、それらの旬をしっかり把握し、
最良の調理法を用います。
さらに代々継承した器類、
美術品などを惜しげなく使用し、
お客様の五感で料理をご堪能いただく。
それが、老舗料亭 金城樓の基本です。
地元の食材を大切に、伝統的な加賀料理を守りつつ、
新たな金沢の食文化の発信にも努めてまいります。

金城樓 料理長

能登の漁師町出身の私は、幼い頃から新鮮な魚と野菜に囲まれて育ち、本物の美味しさを当然の如く享受してきました。その経験で培った感性を活かし、19歳で金城樓入社後は料理人としての腕を真摯に磨き続けています。
料理人として、食材の鮮度に対するこだわりは他と一線を画すと自負しています。特に魚に関しては朝競りを基本としておりますが、漁港からも仕入れるルートを独自で開拓し、自らの目で質を見極めたものをご準備させて頂いております。米は能登の農家と直接契約し、その他食材に関しても基本的に地物を中心としていますが、最高の食材を求めて北海道や九州、豊洲からも仕入れを行っています。
四季折々の食材と対峙すると、料理人としての脳が働き、最良の調理法が導き出されます。そして使用する食材全てを手作りすることにより、本物の美味しさをお客様にお届けできると信じ日々精進させて頂いております。
どこまでも手間暇を惜しまず、厳選した器に盛ったお料理がお客様の口に入るその瞬間までを正確に演出するのが超一流であり、お客様の笑顔の為に日々努力を惜しまないことが老舗料亭金城樓の役割であると考えております。ぜひ五感を尽くして、心ゆくまでご堪能ください。

料理長 加茂野 隆志

会席・コース

旬の食材をとり入れた各種会席、コースをご用意しております。
ご接待、ご会食、ご慶事、ご法要など、様々なご用途にお役立てください。

メニューはこちらから

お部屋

    • 丹頂の間
    • 丹頂の間

    格調と華やぎをそなえた大広間

    丹頂の間

    最大100名様まで収容可能な110畳の大広間は、ご婚礼や各種会合、様々な催し物にご使用いただけます。正面には華やかな舞台を設置し、随所で伝統工芸作品が彩りを添えています。廊下に面した窓からは前田対馬守庭園が一望できます。

    • 平成の間
    • 平成の間

    洋風スタイルのコンベンションホール

    平成の間

    金城樓100周年を機に「世界に開かれた料亭旅館」を目指して増築した、広さ370㎡のコンベンションホールです。和洋折衷の落ち着いた雰囲気の中で、120名様の会議から各種記念式典、パーティ、コンサートなど、様々な集いをお手伝いさせていただきます。

不二石を望む「不二庵」の3室

昭和3年、御大典記念に竣工した由緒あるたたずまいの「不二庵」。表千家の家元 即中斎が名付けたことでも思い入れ深いこの別棟は、あえて改装を加えず当時のままの姿を残しております。いずれの部屋も金沢伝統の朱壁が艶やかで、緑豊かな庭とのコントラストが美しく、大切なお客様をおもてなしするのにふさわしい空間です。末広の間、鳳凰の間はお茶室としてもご使用いただけます。

  • 末広の間

    末広の間

    最大40名様のお客様をおもてなしでき、どこかモダンな趣を感じさせる末広の間。天井板には立山杉が使用され、現在では希少な手吹円筒法による窓ガラスをそのまま残しております。井波彫刻による欄間には、末広がりを意味する「扇」の意匠が配されています。

  • 鳳凰の間

    鳳凰の間

    最大8名様にお入りいただけ、最も格式高い部屋の一つである鳳凰の間。床柱には銘木タガヤサンが竣工当時のまま使用されています。欄間には部屋の名にちなんだ「鳳凰」が配されている他、庭の不二石と対称位置には「富士山」が井波彫刻の技で見事に表現されています。

  • 桐の間

    桐の間

    最大4名様をおもてなしできる桐の間。欄間には井波彫刻によって「桐」の意匠が凝らされています。樹齢が数百年を超える槙の樹の見事な枝ぶりを最も間近でご覧いただけるお部屋であり、少人数での祝宴やおもてなしにふさわしいしつらえをご用意しております。

ご祝宴にふさわしい、趣のある3室

ご会席にふさわしい3部屋は、平成の大改修時にそのまま移転復元しております。掘りごたつ専用の「梅の間」、掘りごたつ式にも対応できる「松の間」、離れとしての趣を活かした「つぼみの間」それぞれに特徴的な味わいがあり、人数に応じて様々なお席にご使用いただけます。

  • 松の間

    松の間

    30畳の広々とした空間で最大24名様をおもてなしできる松の間。天井板の屋久杉や「松」を配した井波彫刻の欄間に加え、入口付近には芸妓が舞う踊り場が用意された特徴的なお部屋です。テーブルはご希望に合わせ、掘り炬燵式に変更が可能です。

  • 梅の間

    梅の間

    最大8名様にお入りいただける梅の間。本館の前田対馬守庭園を最もよくご覧いただけるお部屋です。床柱には、古くから茶室の建築に重宝された北山杉が使われています。常時掘り炬燵式の落ち着いた空間で、心ゆくまで料理と景色をお楽しみいただけます。

  • つぼみの間

    つぼみの間

    創業当時から姿を変えず、金城樓で最も古いつぼみの間。窓から広がる庭園も当時のままです。艶やかな朱壁、屋久杉の天井板、松の木を皮ごと使用した長押など、細部まで趣向が凝らされた空間は正に別格。2名様程の少人数のご利用に適している他、お茶室としてもご使用いただけます。

営業案内

  • 営業時間

    11:00~21:00

  • 定休日

    年中無休

  • 無料駐車場

    10台
    (係の者が誘導致しますので、ご乗車のまま正面玄関前までお越しください。)

  • クレジットカード

    使用可

  • 総席数

    300席

  • 宴会最大人数

    120名様(着席時)、150名様(立食時)

  • 貸切可能人数

    2名様〜

  • 個室

    全室個室

  • 喫煙

    全館禁煙(喫煙ルームあり)

  • お子様連れ

    お子様メニュー、お子様用椅子、ベビーベッド・おむつ交換スペースがございます。

  • ペット同伴

    同伴不可

  • 外国語対応

    英語メニューあり/英語を話せるスタッフが在籍

  • Wifi

    店内はWi-Fiが使えます(無料接続)